ブログ

インフルエンザ!!!

From:Nakama

今日も乾燥してますね!?

髪の乾燥対策大事ですね^^

インフルエンザもピークみたいです!!

 

 

 

森先生のインフルエンザ対策の投稿をシリーズでシェアさせて頂きます^^

薬剤師から見た『インフルエンザ』 その①

 

 今年も、インフルエンザが流行りだしました!

 

正しい情報を知り、ご家族やお友達に教えてあげてください!!

 

①菌とウィルスの違い

菌とウィルスを同じように捉えている人がほとんどだと思いますが、全然違います。

 

まず、このことをしっかり知ってください。

 

菌は細胞を持った生物ですが、ウィルスには細胞が無いので、生物ではありません。粒子です。

 

ですから、菌は自分で増殖しますが、ウィルスは、人や動物の細胞に取り込まれて、初めて増殖します。

 

自分自身では増殖できません。

 

ですから、菌を除去することを「殺菌」と言いますが、ウィルスは生物ではないので殺せないので、活性を無くすという意味で、「不活性化」とか「ウィルス除去」という言い方になります。

 

次に大きな違いはその大きさです。

 

菌は1マイクロm(1000分の1ミリ)ですが、ウィルスは0.1マイクロm(10000分の1ミリ)

つまり、ウィルスは菌の10分の1の大きさなので、非常に体内に入りやすく、予防も難しいのです。

 

まず、この菌とウィルスの違いをご理解ください。

 

予防法

②うがいと手洗いとよく言われますが、同等ではありません。 

 

どちらも実行して欲しいですが、うがいの方が非常に大事です。

 

なぜかと言えば、結局、鼻と口から、ウィルスが侵入するからです。

 

手洗いだけしても、うがいをしなければ、侵入は防げません。

 

うがいは、水やお茶で良いと言うドクターもいらっしゃいますが、インフルエンザが流行りだしたら、うがい薬でうがいしてください。

 

しかも、味は良くないですが、イソジン等のヨード系のうがい薬でないと、ウィルス除去は出来ません。

 

ヨード系のうがい薬を使ってください。

 

イソジンでなくても、同じヨード系の安いうがい薬で、中味は同じなので、それで十分です。(ポピドンヨード7%)

 

味の良いうがい薬の成分は、セチルピリジウム(ヴィックスドロップ等にも使われています)ですが、殺菌作用はあっても、ウィルス除去作用はありません。

 

味はまずいからとか、洗面所が汚れるから嫌とか言われますが(笑)、この違いを説明するようにしています。

 

③次に、マスクの着用です。

 

マスクも大きく誤解されていますが、マスクは自分の持ってる菌やウィルスを、他人に撒き散らさないためにするもので、外からの侵入を防ぐものではありません。

 

外からの侵入を防ぐためには、N95マスクと言うレベル以上の、特殊フィルターのマスクでしか防げません。

 

しかし、非常に息苦しいので、長時間の使用は難しいし、非常に高価です。

 

市販のイータック抗菌化スプレーを、お手持ちのマスクにスプレーすると、24時間持続の、菌ウイルス付着防止になるので、オススメです!

 

他人に迷惑をかけないために、最低限のマナーとして、マスクはするべきです。

 

また、粘膜保護のためにも、マスクは有効です。

 

マスクは、「昼も夜も寝るときもしてください」とお話しています。

 

特に寝ているときは、呼吸も深いので、乾燥した空気を大量に取り込み、粘膜を乾燥させてしまいます。

 

マスク1枚で、適度な湿り気を保てるので、粘膜の乾燥を防げます。

 

オススメは、首に乾いたタオルを巻いて、マスクして寝ることです。

 

朝起きたときの、のどの状態が全然違います。

 

朝起きた時に、のどが痛い人は、粘膜が乾燥していますので、要注意です。

 

④加湿

インフルエンザウィルスは湿度60%以上で、活性がなくなりますので、部屋の加湿は重要です。

 

加湿器が無い場合は、濡れた洗濯物やバスタオル等をほすだけでも違います。

 

逆に言えば、今は、非常に空気が乾燥しているので、ウィルスが元気に飛び回っているわけです。

 

⑤粘膜の保護

菌やウィルスが、鼻やのどから侵入しても、まず最初に防御してくれるのが、粘膜です。

 

粘膜は、濡れていないと効果がありません。 

 

乾燥していたらダメなんです。

 

ちょうど、カーペットクリーナーのコロコロみたいなイメージです。

 

濡れていれば、汚れを粘着しますが、乾燥すると汚れを取れませんよね。

 

乾燥した粘膜は、そんな感じです。

 

今は、非常に空気が乾燥していますので、粘膜はとても乾燥しやすい状況です。

 

粘膜を乾燥させないために、先ほどのマスクは非常に有効です。

 

うがい薬でのうがいも、粘膜保護に効果あります。

 

ビタミンB2B6も、粘膜保護に、非常に重要です。

 

粘膜保護、修復のために、ビタミンB2B6の摂取と、抵抗力UPのために、ビタミンCの摂取をおすすめします。

 

B2B6は、日常生活で、睡眠不足、刺激物(甘いもの・辛いもの・油っこいもの)の食べすぎ、飲酒、風邪等でも、大量に消費されますので、これらの注意もしてください。

 

B2B6もCも、水に溶けるビタミンですので、汗や尿で、外に排出されやすいです。

 

ですから、1度にたくさんとるのではなく、1日3回以上に分けて、摂取することをおすすめします。

 

長くなりましたので、とりあえずここまで。

 

インフルエンザ情報②に続きます。